不動産投資を任せる時の注意

受付 夫婦
 

不動産投資を始めようと考えている人は、きっと早い段階で【自己管理】にすべきか【セールスマンに任せるか】を決めなければなりません。
実は、最も手軽に不動産投資を始める方法はマンションの販売業者に全てを任せてしまう方法です。
しかしながら、知識がないと不動産投資で騙されることもあるのです。

そのようになっては大変です!そこで今回は、不動産投資を任せる時の注意についてご紹介します。

信頼できる人を見つけるためにも、一緒に確認していきましょう。

 

★不動産投資の知識ないと・・・騙される!

 

不動産投資を気軽に始めたいからと言って、全てを第三者にお任せすることは簡単ですが、実はリスクも伴います。
まずは自分自身に不動産投資の知識がないと騙されてしまうのです。

そこで、基本的には不動産投資についてしっかりと知識を得ていくことが大切です。

 

 

★損益通算を利用した節税法

 

不動産投資を誰かにお任せする場合は、損益通算を利用した節税法をきちんと理解する必要があります。

そもそも、不動産による所得がある場合の損益通算とは、どのようなものかご存知ですか?
損益通算とは、1年間の不動産の所得が赤字になってしまった場合に、サラリーマンとして勤めて得た給与などの収入と合わせて計算していく方法です。

この方法できちんと確定申告をすれば、所得が低くなるので所得税を少なくすることが可能というわけです。
こちらに関してはとても大事なことなので、任せ過ぎずにきちんと理解しておきましょう。

 

★最近増えている!不動産投資詐欺

 

最近、ニュースで不動産投資詐欺によって逮捕者が出ているという事件を目にする機会があります。
日本国内だけではなく、日本人が海外で不動産投資詐欺に遭っている人もいるのです。

不動産投資詐欺などは、とてつもない金額を騙されてしまうことになるので、十分に注意しなければいけません。
とにかく甘い誘惑には絶対に乗らないようにして下さい。

十分に慎重になって、信頼できる人を見つけることが大切なのです。

 

いかがでしょうか?不動産投資をすべて自分で管理していくことは、正直面倒なこともあるでしょう。
その道のプロに任せた方が、ずっと気軽に不動産投資が出来ると思います。

しかしながら、任せる人物が信用できる人物かどうかを見極める眼力がとても大切だということを、忘れないようにしていきましょう。

生命保険と不動産投資の関係

ƒvƒŠƒ“ƒg
 

この記事のタイトルをご覧になった方の中には「生命保険と不動産投資って何か関係があるの?」と疑問に思われた方も多いでしょう。
実は、不動産投資を始めて行くと気が付くことなのですが、この2つの間には密接な関係性があるのです。
そこで今回は「生命保険と不動産投資の関係」をテーマに、お話をしていきましょう。ぜひ、確認して頂きたい重要な内容です!

 

★住宅ローンの際に付いてくる団体信用生命保険が重要

 

サラリーマンで不動産投資を始める時に、多くの場合は住宅ローンを組んでマンション購入するでしょう。
その際の住宅ローンについてくる【団体信用生命保険】が、とても重要なので覚えておいて下さい。

それでは、簡単に団体信用生命保険についてお話をしますね。

もしあなたが住宅ローンを組んだ後に、寝たきりで死亡してしまった場合、不動産投資はどうなってしまうと思いますか?
普段は、毎月の家賃収入の中から住宅ローンが差し引かれて、管理費などを支払うとわずかな金額になってしまう場合もあります。
しかしながら、団体信用生命保険に加入していれば、万が一の事態が起きたときには、ローンの返済は無くなって家賃収入のみが残るのです。

万が一の事態が起きても、この保険に加入していれば【不労所得】が発生するようになるのです。

 

★これも知っておこう。相続時清算課税制度

 

もしも、子供や孫に不動産投資によって得た資産を残したいと思ったら、相続時清算課税制度についても詳しく知っておく必要があります。

国税庁のホームページからそのまま抜粋しますと【相続時精算課税の制度とは、原則として60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の推定相続人である子又は孫に対し、財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度】となっています。

(参考URL:https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

家族に資産を残そうとお考えの方や、両親や祖父母から資産を受け継ぐ予定のある方は、きちんと目を通しておきましょうね。

 

以上、生命保険と不動産投資の関係についてお話しました。
いかがでしたか?
自分に万が一のことがあった場合に残された家族が苦労をしないためにも、団体信用生命保険はとても大切ですね。

意外と密接な2つの関係性を、この機会に理解しておきましょう。

なぜ不動産投資を皆やらないのか?

マンション 

近年、サラリーマンの不動産投資に関する記事を良く見かけますし、実際に不動産投資を始めた人もたくさんいます。
しかしながら、サラリーマンなら誰しも当たり前のように不動産投資をする時代は・・・まだ訪れてはいません。
働かなくても所得を得ることが出来ますし、自分の子供や孫に資産としてアパートやマンションを残しておくことも出来るメリットだらけの不動産投資を、皆どうしてやらないのでしょうか?
今回は、サラリーマンの不動産投資の事情に迫ります。

 

★人に言わないだけで、やる人はやっている不動産投資

 

不動産投資は管理・運営がうまく行けば、働かなくても収入が入ってきますし、節税対策にもなるので大きなメリットがあります。
ですから「良いものはあまり人には教えたくない」という心理でしょうか?

皆さん、人に言わないだけで、やる人はやっているみたいですね。
また、サラリーマンという会社に属している存在である以上、あまり他のところから収入が発生することを良く思わない会社関係者もいるでしょう。
別に悪いことをしているわけではありませんが、あまり大きな声で人に言わなくても良いことです。

 

★でも、浸透しないのは教えてもらう場所がない

 

人に言わないだけで、やる人はやっている不動産投資とお伝えしましたが、なかなか浸透していかないのも事実です。
実際に不動産投資で副収入を得ているサラリーマンは「こんなにメリットがあるのなら、みんな不動産投資を始めればよいのに!」と思うでしょうが、不動産投資を始めるのには結構高いハードルがあることを忘れてはいけません。
多くの人が、何をどうやって始めればよいのか分からないのです。

教えてもらう場所がないから、なかなか自分1人では挑戦できないという人も少なくないのです。

 

★現代の若者は、意外と将来に不安がないから?

また、現代の若者は意外と将来に不安がないので、不動産投資で蓄えや資産を残しておこうという気持ちになかなかならないという現状もあります。
不景気の世の中なのに、不思議ですよね!

 

いかがでしたか?【なぜ不動産投資を皆やらないのか?】というタイトルでお話を進めてまいりましたが、実際にはすでに挑戦し始めている人もいますし、中には始めてみたいけれど教えてもらう場所がないという人もいます。
メリットの大きい不動産投資、興味のある方はぜひリサーチを進めてみてはいかがでしょうか。

サラリーマンにオススメの物件とは

People are meeting in the office
副収入が手に入る、後世に資産を残すことが出来るなどのメリットが注目されて、最近サラリーマンの不動産投資が多くなってきています。

不動産投資を実現させるからには、誰しも成功させたいですよね。
そこで今回は【サラリーマンにオススメの物件】をご紹介いたします。
いったいどのような物件が人気なのでしょうか?

一緒に確認していきましょう。

 

<サラリーマンにオススメの物件とは?>

 

★管理が楽な物件

 

サラリーマンの皆さんは、会社に属しているわけですから、会社員としての毎日の業務があることでしょう。
そこで少しでも、管理が楽な物件を選ぶことをオススメします。

マンション1棟を購入して管理するのは容易なことではありませんから、1戸など管理が楽な方法で始めてみましょう。

 

★空きが出ない地域

 

せっかく不動産投資を始めても、誰にも借りられずに家賃収入が得られないのでは、全く意味がありません。
入居者をゲットするために動き廻る暇もないでしょうから、サラリーマンの方は確実に空きが出ない人気の地域を選びましょう。
例えば、日本全体の人口が減少傾向にある中でも、増加傾向にある東京都のワンルーム物件は非常に人気が高いと言われています。

便利な地域にある物件は、オーナーであるあなたが多少強気で出ても、借りさせて欲しいと懇願する人が集中するのです。
ワンルーム物件は家賃も広さもお手頃なので人気がありますから、東京23区ならかなりの確率で空きが出ないことでしょう。

 

★家賃下落が少ない物件

 

サラリーマンにオススメする物件の条件として【家賃下落が少ない場所にあること】が挙げられます。
家賃下落が少ない物件には、ポイントがあるので、以下にまとめてみました。

ポイント1. 東京23区にある。

ポイント2. 駅から近い場所にある。

ポイント3. 外観がキレイ。

 

上記の3つのポイントを踏まえた物件は、家賃下落が少ないので不動産投資を始める方にはとてもオススメです。

 

いかがでしょうか?今回は仕事を抱えながらも、不動産投資に燃えるサラリーマンの方に、是非読んで頂きたい記事となりました。
確実に空きの出ない中心エリア・駅近・ワンルームなどの家賃下落が少ない人気物件を選んで、サラリーマンの皆さんも不動産投資を成功させましょう。
そのためには、何度も不動産会社に出向いて、色々な物件を見比べることも大切です。

 

<オススメの物件は住んでみて決める>

不動産投資は、大きな資金が必要なことから慣れるまでは大変です。
物件の状態だけでなく、エリア情報も大きな検討要素になります。
勧められるだけでなく自分で住んでみて魅力のある地域か自分で判断できるようにしましょう。
オススメ物件が見つかったら、マンスリーマンションに住んでみて物件やエリア情報をよく知ってから投資すると失敗を避けれます。
オススメ物件の近くのマンスリーマンション探しは検索情報の豊富なここが便利です。

そもそもの税金のしくみ

医療イメージ 

皆さんは、毎日の生活の中で【税金】について考えたことがありますか?
普通に生活をしていると、税金に関して考えることはあまりないと思いますが、今回はそもそもの税金のしくみについてよく考えてみましょう。
とても良い機会になるはずですよ!

 

★税金には2種類あるって知っていますか?

 

税金には「直接税」と「間接税」の2種類の税があるって知っていますか?
簡単にご説明すると、直接税と言うのが、納税者が直接税務署などに納める税金です。
そして間接税は、納税者が商品などを通して間接的に納める税金です。
皆さんにとって一番身近な税金であろう【消費税】は、間接税になります。

 

★直接税とされているもの

 

直接税と言われているのは「所得税」「法人税」「財産税」「相続税」「贈与税」「地価税」などです。

 

★間接税とされているもの

 

また参考までに間接税というのは、皆さんが商品を購入する時に発生する「消費税」「酒税」「石油税」「揮発油・地方道路税」「航空機燃料税」「たばこ税/たばこ特別税」「石油ガス税」「電源開発促進税」などのことを指します。
消費税が出来たことによって、全体を占める間接税の割合が増えてきました。

 

★累進課税ってなに?

 

消費税は、日本国民誰でも一律に請求される間接税になります。
しかしながら、累進課税はちょっと仕組みが違います。
累進課税(るいしんかぜい)とは、所得が高い人ほど高い税率が課されるという課税方式です。
これは、日本だけではなく世界的に使用されている課税方法になっています。

この累進課税制度によって、少しでも貧富の差が縮まれば良いのですが・・・なかなか難しいという現状は否めません。

 

★厳選徴収額が変わります!

 

平成24年12月31日までは100万円以下の場合は、源泉徴収額10%でした。
しかしながら、東日本大震災に伴う復興特別所得税の施行によって、税額が変わったのです。

平成25年1月1日以後~は所得税において、2.1%が追加的に課税されて10.21%になったのです。

以上、今回は【税金】についてお話をしてきました。いかがでしたか?

直接税と間接税の2種類があることはなんとなく知っていても、改めて確認する機会はなかなかないでしょう。
しかしながら、おくべき内容ですから、しっかりと確認していきましょう。

不動産投資による節税

お金の計算
 

不動産投資は副収入源として、最近多くのサラリーマンが挑戦している分野です。
働かなくても一定の収入が見込めるものであり、また所得税・消費税・住民税などの節税対策にも一役買ってくれます。

特に【節税】に関しては、不動産投資の最大のメリットとして知られていますので、こちらでしっかりと理解しておくことが大切です。
不動産投資による節税は、知っておくべき情報ですから、ここでチェックしていきましょう。

 

★ポイントは損益通算!

 

では、これから不動産投資で【節税】が可能になるからくりをご紹介しましょう。
まず、不動産投資で節税するためには、税務上赤字になる必要があります。

【不動産投資による賃貸収入】―【諸経費(修繕費・減価償却費・固定資産税)】を引いて、その差額が賃貸収入を上回る状況が出来れば、【税務上の赤字】です。

このような状況になれば、【損益通算(税務上赤字になるところを、給与所得から差し引くこと)】が出来るようになります。
そうすることによって、所得が少なくなるので「所得税の還付」につながるというわけです。
ただし、きちんと確定申告をしてくださいね。
そして、住民税も所得税の納税額を基準に決められますので、自然と少なくなります。

 

★減価償却費を理解しておこう

 

減価償却費とは、あなたが購入した物件がどのくらいのスピードで劣化していくかを数値で算出したものです。
不動産投資をするのなら、この減価償却費はきちんと知っておく必要があります。

ちなみに、耐用年数は木造22年、重量鉄骨34年、鉄筋コンクリート47年となっています。
減価償却費は、耐用年数によって算出された【償却率】をもとに計算していくのです。

では、例を挙げてご説明しますね。
例えば、あなたが鉄筋コンクリートで出来た1億円の新築建物を購入したとしましょう。その減価償却費は、以下のようになります。

 

鉄筋コンクリート構造の建物1億円×償却率0.022(この数値は耐用年数47年に基づく)=年間220万円となります。

 

いかがでしたか?不動産投資が節税対策になるなんて、すごくお得に感じますよね。
言ってしまえば、最大のメリットと言えるでしょう。
加えて、不動産投資を始める時には、きちんと減価償却費も算出した上で進めていくことも大切です。

不動産投資のリスク

高齢夫婦2
 

サラリーマンの皆さん、どんなに頑張っても上がらない給料に辟易していませんか?

不景気な世の中ですから、売り上げや努力の分だけお給料が上がる会社などごく一部ですし、最悪の場合には突然リストラという事態を招きかねません。

だからこそ、不労所得が得られる【サラリーマンの不動産投資】に大きな魅力を感じている人も多いのです。
しかしながら、不動産投資は良いことばかりではありません。少なからずリスクも存在するのです。

そこで今回は、皆さんの知識不足を補うために【不動産投資のリスク】についてご紹介していきます。

一緒に確認していきましょう。

 

<不動産投資のリスク>

リスク1. 空き室リスク

 

知識不足のまま不動産投資を始めるのは、危険です。不動産投資にはリスクがたくさんありますので、きちんと把握しておく必要があります。
最初にご紹介するのが【空き室リスク】です。

不動産投資をする時には、ほとんどの場合ローンを借りて行います。物件がきちんと埋まって家賃収入があれば良いですが、空き室があると家賃は入って来ないのに、ローンばかりを払い続けなければいけなくなって経営はうまく行かなくなります。これが、空き室リスクです。

 

リスク2.家賃滞納リスク

 

家賃滞納も大きなリスクとなります。家賃が入って来ないという状況は同じですが、ローンの支払いの他に管理費や修繕費など積立金を支払わなければいけません。

このような家賃滞納リスクを少しでも減らすためには、入居の際にきちんと審査をして、家賃を支払うことが出来る人物なのかを見極めることが大切です。
また、賃貸管理会社に家賃の立替払いをしてもらうのも1つの方法ですね。

 

リスク3. 家賃下落リスク

 

家賃がずっと一定額をキープすることが出来るとも、限りません。
管理が行きとどかない・物件対応時間が少ない・周辺環境が大幅に変わる・事故物件になったなどの理由で、家賃が大幅にダウンしてしまう可能性もあるのです。

 

その他にも、ローンの金利上昇リスク、火災リスクなど、費用ばかりがかかって、収入が入って来ないというケースがあります。
もしあなたが、不動産投資を始めようと思っているのなら、このようなリスクをきちんと理解しておきましょう。

 

不動産投資のメリット

若い社会人
 

「俺、最近不動産投資でガッポリ儲けているんだ。
お前もやってみたら?」と会社の同僚に、不動産投資を勧められても、いまいちピンと来ないと言う人も多いでしょう。

資金もかかるでしょうし、メリットがハッキリしていなければ、なかなか不動産投資に踏み切ることも出来ないですよね。
そこで今回は、不動産投資のメリットについてじっくり確認していきます。

一緒に確認していきましょう。

 

<不動産投資のメリット>

 

★メリット1. 節税対策

 

不動産投資の一番のメリットは「節税対策」と言っても良いでしょう。
なぜなら、不動産によって得た所得は「事業所得として総合課税」されるのです。
ですから、あなたが今後不動産事業を始めて出てくる損益は、会社に属してサラリーマンとして得られる給与所得と合算するようになるのです。

これによって、所得税・住民税が決められて行きますから、場合によっては大幅な節税対策になるというのです。
(不動産事業に関して、諸経費を引いた帳簿上では赤字という状況を作り出すことで、損益通算で所得を減らせるというわけです)

 

★メリット2. 不労所得をゲット

 

不動産事業を始めるときは高額な初期投資がかかりますが、一度不動産事業を確立してしまえば、あとは働かなくても勝手にお金が入ってくる状況が出来上がります。
不労所得をゲットできるのが、最大のメリットです。
また、物件を担保にすることも出来ますし、賃料落ちにくいので不動産は一生の所得源だと思っても良いかもしれませんね。

 

★メリット3. 後世に資産が残る

 

不動産は自分自身の財産でもありますが、その物件が賃貸物件としての価値がある限り、自分の子供、

孫にまで残すことが出来る資産です。

貯金を残してあげることも必要ですが、不動産という今後いかようにも自分で進めて行けるような事業を残してあげるのも良いですね。
自分のために始めた不動産事業が、後世にまで資産として残るのですから本当に素晴らしいことです。

 

いかがでしたか?今回は、知っておいて損はない不動産投資のメリットについてご紹介しました。

働かなくても収入があるという夢のような生活をしたいのなら、ぜひ不動産投資に踏み切ってみるのも良いかもしれませんね。
また、自分の子供や孫に資産を残すという意味もあることをお忘れなく!

不動産投資とは?

空を見上げるビジネスマン
 

最近、不動産投資をして会社のお給料とは別に、副収入をゲットするサラリーマンが増えています。しかしながら、「不動産投資」という言葉を聞くと何となく失敗するのではないか、いくらからできるのかと不安が先行してしまいがちです。

そこで今回は、不動産投資について詳しくご紹介していきます。是非、一緒に確認してくださいね。

 

★不動産投資とは?

まずは、定義についてお話していきますね。

不動産投資とは、ローンを組むなどして確保した資金をもとに物件を購入し、家賃収入と売却差益の全てを考えた上で、きちんとした利益を出していくことです。

大体でよいので、不動産投資に関するイメージをしておくことが大切です。

 

★不動産投資はいくらから出来るの?

 

不動産投資をするにあたって、自己資金はどのくらい必要なのでしょうか?不動産投資に興味のある方は、是非チェックしてください。

基本的には購入する物件価格の約2~3割の自己資金を準備するのが、1つの目安です。
その他は融資を受けて、物件を購入する人がほとんどです。

ですから「不動産投資はいくらから出来るの?」という質問には「あなたが購入する物件の金額と金銭的状況に寄ります」としかお答えできません。

 

★不動産投資を成功させる物件の選び方

 

不動産投資を始めるにあたって、誰もが一途に思うこと・・・それは、何とかして不動産投資を成功させたいということでしょう。
では、不動産投資を成功させるための物件の選び方をご紹介していきます。

一番は、物件の安さだけに目を奪われないことです。
立地条件が悪かったり、環境が悪かったら借りる人もいないでしょうから、結局家賃収入が得られないという状況になり兼ねません。

そこで、不動産投資を成功させるためには「自分だったら、この物件を借りたいと思うか?」ということを意識して、しっかり考えていきましょう。
また、不動産会社のスタッフと親しくなって、より多くの情報をゲットするのも大切です。

 

以上、不動産投資についてお話ししました。
今までは頭の中に漠然とあったワードが、こちらで勉強をしたことによって、少しずつハッキリしてきたのではないでしょうか。

いくらできるのか、物件の選び方などをしっかりと理解しておくことが、不動産投資に失敗しない秘訣です。

不動産投資での副収入は可能なのか

指導
 

「もう会社からの給料だけに、頼る時代は終わった。
俺は不動産投資で副収入を手に入れるんだ!」と意気込んでいるサラリーマンの皆さん。

実際にこのような気持ちで、不動産投資を試みようと思う人は意外と多い・・・けれども、諦めがちな人も多いのです。
果たして、サラリーマンの不動産投資での副収入は可能なのでしょうか?

 

★サラリーマンの不動産投資・・・可能ではある

 

普段はサラリーマンとして会社勤めをしながら、不動産投資を行って副収入をゲットするという夢のような嬉しい話。
確かに誰でも出来るわけではありませんが、最初から諦めがちになる必要はありません。

誰しも、可能ではある話なのです!

★投資家の減少。サラリーマンでも融資受けやすい時代に

 

アパートやマンションを購入して不動産投資を始めようと思っても、資金が無ければ何も始まりません。

購入費は物件によって異なりますが、少なくとも数千万~数億円の資金調達が必要です。

中には貯金で準備出来る人もいるでしょうが、大半の方は銀行からの融資を受けて、不動産投資を始めることになるでしょう。でも、心配しないで下さい。

最近では勤続年数などの基準をある程度満たせば、融資を受けやすい状況にもなっているようです。

 

★サラリーマンは不動産投資で、副収入と安心をゲットしよう

 

サラリーマンの皆さん、毎日漠然とした不安を抱えたまま、収入を得るためだけに会社勤めをしていませんか?一生に一度の人生ですから、そんなのはもったいないです!

不動産投資をすることによって、会社からのお給料だけにおんぶにだっこするのではなく、比較的安定した収入を手に入れられるわけですから、もちろん経済的にも助かるでしょう。

また、副収入を手に入れることで、同時に得られるのが「将来への安心感」です。
リストラが他人事ではない世の中ですから、自分の力でお金を稼ぐことが出来るというのは、きっと大きな安心に通ずることでしょう。将来への安心は、どんなにたくさんあっても足りません。

 

いかがでしたか?正直に申し上げますが、不動産投資は誰でも気軽にできることではありません。

けれども、努力と計画次第で成功させることは可能なので、興味のある方はぜひリサーチを開始してみてくださいね。