生命保険と不動産投資の関係

ƒvƒŠƒ“ƒg
 

この記事のタイトルをご覧になった方の中には「生命保険と不動産投資って何か関係があるの?」と疑問に思われた方も多いでしょう。
実は、不動産投資を始めて行くと気が付くことなのですが、この2つの間には密接な関係性があるのです。
そこで今回は「生命保険と不動産投資の関係」をテーマに、お話をしていきましょう。ぜひ、確認して頂きたい重要な内容です!

 

★住宅ローンの際に付いてくる団体信用生命保険が重要

 

サラリーマンで不動産投資を始める時に、多くの場合は住宅ローンを組んでマンション購入するでしょう。
その際の住宅ローンについてくる【団体信用生命保険】が、とても重要なので覚えておいて下さい。

それでは、簡単に団体信用生命保険についてお話をしますね。

もしあなたが住宅ローンを組んだ後に、寝たきりで死亡してしまった場合、不動産投資はどうなってしまうと思いますか?
普段は、毎月の家賃収入の中から住宅ローンが差し引かれて、管理費などを支払うとわずかな金額になってしまう場合もあります。
しかしながら、団体信用生命保険に加入していれば、万が一の事態が起きたときには、ローンの返済は無くなって家賃収入のみが残るのです。

万が一の事態が起きても、この保険に加入していれば【不労所得】が発生するようになるのです。

 

★これも知っておこう。相続時清算課税制度

 

もしも、子供や孫に不動産投資によって得た資産を残したいと思ったら、相続時清算課税制度についても詳しく知っておく必要があります。

国税庁のホームページからそのまま抜粋しますと【相続時精算課税の制度とは、原則として60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の推定相続人である子又は孫に対し、財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度】となっています。

(参考URL:https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

家族に資産を残そうとお考えの方や、両親や祖父母から資産を受け継ぐ予定のある方は、きちんと目を通しておきましょうね。

 

以上、生命保険と不動産投資の関係についてお話しました。
いかがでしたか?
自分に万が一のことがあった場合に残された家族が苦労をしないためにも、団体信用生命保険はとても大切ですね。

意外と密接な2つの関係性を、この機会に理解しておきましょう。